東名高速事故

車が空を…その瞬間がドライブレコーダーに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県新城市富岡の東名高速道路上り線を走行中の大型観光バスが中央分離帯を飛び越えてきた乗用車と衝突した事故で、バスを運行していた東神観光バスは、バスに搭載されていたドライブレコーダーの映像2種類を報道陣に提供した。

 前方の光景を記録した映像は冒頭、走行車線を走る様子が映り、行楽へ向かう乗客らの話し声が聞こえる。

 追い越し車線に入ってしばらく進むと、突然、乗用車が中央分離帯のガードレールを突き破り、あっという間に目前に飛び込んできた。その間わずか2秒。乗用車は宙を回転しながら横向きでバスに衝突した。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集