連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

若村麻由美 観念的世界伝える新境地 叙事詩劇「子午線の祀り」で影身の内侍演じる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=根岸基弘撮影
=根岸基弘撮影

 「平家物語」に材を取り、木下順二が天の視点から人間の葛藤を俯瞰(ふかん)して描いた昭和の傑作戯曲「子午線の祀(まつ)り」。38年前に初演された壮大な叙事詩劇が、世田谷パブリックシアター開場20周年記念として、野村萬斎芸術監督の新演出で上演される。戯曲を読み解く鍵ともなる謎めいたキャラクター、影身(かげみ)の内侍(ないし)を演じるのは若村麻由美。「架空の人物なのですが、大きな役割を背負わされている。方法論ではなく、存在そのものが私にとっての新境地」。凜(りん)とした声で、丁寧に言葉を紡ぐ。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1312文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集