メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

若村麻由美 観念的世界伝える新境地 叙事詩劇「子午線の祀り」で影身の内侍演じる

=根岸基弘撮影

 「平家物語」に材を取り、木下順二が天の視点から人間の葛藤を俯瞰(ふかん)して描いた昭和の傑作戯曲「子午線の祀(まつ)り」。38年前に初演された壮大な叙事詩劇が、世田谷パブリックシアター開場20周年記念として、野村萬斎芸術監督の新演出で上演される。戯曲を読み解く鍵ともなる謎めいたキャラクター、影身(かげみ)の内侍(ないし)を演じるのは若村麻由美。「架空の人物なのですが、大きな役割を背負わされている。方法論ではなく、存在そのものが私にとっての新境地」。凜(りん)とした声で、丁寧に言葉を紡ぐ。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです