メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

六月大歌舞伎 仁左衛門まるで錦絵=評・小玉祥子

 昼の序幕が「名月八幡祭」(池田大伍作、池田弥三郎・大場正昭演出)。松緑の新助は、純朴な田舎商人が都会の芸者美代吉(笑也)の手管に迷い、狂気に走る不気味さを見せた。笑也には伝法さが欲しい。猿弥の魚惣がいい。猿之助の三次。

 中幕が舞踊「浮世風呂」。猿之助の三助の体の切れが良く、種之助のなめくじが愛らしい。

 最後が「弁慶上使」。吉右衛門の弁慶は出に大きさと強さがあり、後の悲しみが引き立った。雀右衛門のおわさに娘への情があり、弁慶との再会を喜ぶ姿に色気が出た。米吉のしのぶは、かれんであわれ。又五郎の侍従太郎、高麗蔵の花の井が的確だ。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです