メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

六月大歌舞伎 仁左衛門まるで錦絵=評・小玉祥子

 昼の序幕が「名月八幡祭」(池田大伍作、池田弥三郎・大場正昭演出)。松緑の新助は、純朴な田舎商人が都会の芸者美代吉(笑也)の手管に迷い、狂気に走る不気味さを見せた。笑也には伝法さが欲しい。猿弥の魚惣がいい。猿之助の三次。

 中幕が舞踊「浮世風呂」。猿之助の三助の体の切れが良く、種之助のなめくじが愛らしい。

 最後が「弁慶上使」。吉右衛門の弁慶は出に大きさと強さがあり、後の悲しみが引き立った。雀右衛門のおわ…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです