メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くつべらマン

参上 施設の子を被災地へ 東京・小平の商店主ら、旅行資金支援

オリジナル商品をPRする「くつべらマン」(中央)の生みの親の武石さん夫妻(右)と施設職員の竹村さん(左)=東京都小平市の二葉むさしが丘学園で2017年5月27日、清水健二撮影

 「夏に子どもたちを被災地に連れて行きたいなあ」。児童養護施設で働く職員のネット上のひと言がきっかけで、地元の人たちがオリジナル商品を売って必要な旅費を賄おうという取り組みが、東京都小平市で始まった。これに全面協力するのが「子どもの成長を応援する」との設定のヒーロー「くつべらマン」。関係者は「運動を楽しく盛り上げ、児童養護施設を身近な存在にしたい」と意気込む。【清水健二】

 同市の「二葉むさしが丘学園」には、親元で暮らせない子ども約80人が生活する。自立支援・地域連携を担…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文939文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  2. 東芝メモリ 売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ
  3. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  4. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  5. あおり運転 医師逮捕 バイク転ばす、容疑否認 神奈川・伊勢原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]