メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地婚姻届

龍馬のロマンス、長崎の思い出に 行政書士発案、自販機で販売

坂本龍馬とお龍をあしらった「ご当地婚姻届」を製作した西津健三さん=長崎市麹屋町で、浅野孝仁撮影

 長崎にゆかりが深い幕末の志士、坂本龍馬と妻のお龍(りょう)の「婚姻届」が入ったユニークな「ご当地婚姻届」を長崎市の行政書士、西津健三さんが発案し、市内に設置した自動販売機で販売を始めた。4分の1ほどのスペースに龍馬夫婦の顔写真や「本籍」などを印刷しているが、その他は一般の婚姻届の様式に合わせ、全国の自治体で実際に提出できるようにした。【浅野孝仁】

 婚姻届はA3判で、普通は記入の際の注意事項などが書かれている右側下半分のスペースに、「慶応2年2月」に長崎奉行に提出されたという想定の龍馬とお龍の婚姻届が印刷されている。龍馬の本籍は「土佐藩 高知」、職業は「海援隊隊長」。証人欄には龍馬の師匠だった勝海舟、2人の仲人を務めたという説がある同郷の士、中岡慎太郎の名が並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  4. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです