高知・大川村

「村民総会」設置検討を正式表明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高知県大川村の和田知士村長=和田浩幸撮影
高知県大川村の和田知士村長=和田浩幸撮影

 議会を廃止し、有権者が予算案などを直接審議する「町村総会」について、高知県大川村の和田知士(かずひと)村長(57)は12日開会の6月村議会で、「村民総会」設置を検討することを正式表明した。人口が406人(5月31日現在)と離島を除いて全国最少で、2019年4月の議員の任期満了後、議会が存続できない可能性に備える必要があると判断した。町村総会は地方自治法に規定されているが、全国で設置実績は1950年代の1例のみ。

 毎日新聞の調査では、議員定数が10未満の自治体議長の4割超が「将来検討する可能性がある」としており、人口減少時代の「自治」のあり方を巡り議論の行方が注目される。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1044文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集