メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東名事故

ガードレール接触後、跳び越えた可能性

 愛知県新城市の東名高速道路で10日、中央分離帯を跳び越えた乗用車が観光バスに衝突した事故で、乗用車が走行していた下り線の路肩ガードレールに車が接触したような跡があったことが県警への取材で分かった。下り線の路肩から中央分離帯にかけて横滑りしたようなスリップ痕があったことも判明。県警は乗用車がガードレールに接触した反動で、中央分離帯を跳び越えた可能性もあるとみて調べている。

 県警高速隊によると、ガードレールには筋状にこすれた跡があり、乗用車によるものか確認を進めている。また、下り線にブレーキ痕がなかったことから、県警は乗用車が制御不能の状態になったとみている。自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、速度や走行経路など事故の状況を調べている。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです