メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本パラ陸上

佐藤友祈が3種目で優勝、大会4冠に

 日本パラ陸上競技選手権は11日、東京・駒沢陸上競技場で最終日が行われ、昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックのメダリストでは、男子(車いすT52)400メートル、1500メートルで銀二つを獲得した佐藤友祈(WORLD-AC)が100メートル、400メートル、1500メートルいずれも制し、前日の800メートルと合わせ今大会4冠を果たした。

     女子400メートル(切断などT47)で銅だった辻沙絵(日体大大学院)は、1人だけ出場したこの種目で大会新の1分0秒40をマーク。男子走り幅跳び(切断などT42)銀の山本篤(スズキ浜松AC)は100メートルに出場し、13秒72で優勝した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井・あわら 橋本市長、既婚女性と公務中に市長室でキス
    2. 今年の漢字 17年は「北」 清水寺で発表
    3. ふたご座流星群 オーロラ横切る様子 アラスカで撮影
    4. 関東鉄道 踏切立ち往生の男性を元レール・メイトが救出
    5. 中華航空 日本人3人機内で騒ぎ、引き返し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]