メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボルト、母国最後のレースで優勝

母国で最後となる100メートルを制して喜ぶウサイン・ボルト=キングストンで、AP共同

 陸上男子の100メートルと200メートルで五輪3連覇を達成し、8月の世界選手権(ロンドン)を最後に引退すると表明している30歳のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が10日、母国キングストンでは最後となる100メートルのレースに出場し、10秒03で優勝した。「走りはまずまずOKだ。でも100メートルを走るのにこんなに緊張するとは思わなかった」と語った。

     国際陸連のセバスチャン・コー会長も会場に駆けつけ、熱狂の中で国民的英雄が登場。スタートでやや出遅れたものの中盤までに立て直し、約3万人の観衆を沸かせた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米イージス艦衝突1週間 回避義務が焦点、究明長期化も
    2. シリア 主導権争い激化 米露の視野に「IS追放後」
    3. 陸上 日本選手権男子100 10秒05サニブラウン初V
    4. 給食 調理ミス多すぎ…4月委託の業者解約 春日部市
    5. 小林麻央さん死去 「愛してると旅立った」海老蔵さん会見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]