メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はや2くんの冒険日誌

(1)ギリギリのタイミングで小惑星へのGOサイン

はやぶさ君は2005年11月に小惑星イトカワに2度着陸しました。そのとき、小さな小さな微粒子をつかまえることに成功しました=イラスト・小野瀬直美

 2010年6月13日夜、ぼく、小惑星探査機はやぶさは、小惑星イトカワへの往復旅行を終えて、地球の大気に飛び込み、オーストラリアの夜空を照らす特大の流れ星になった。その様子を見た人たちは、花火よりも明るく、昼間のような光を放ったと興奮して話していたという。「ただいま」。ぼくは地球の大気の中に溶け込んだ。

 大気圏突入のちょっと前に、ぼくはイトカワで拾った微粒子を詰めた耐熱カプセルをそっと押し出した。カプ…

この記事は有料記事です。

残り2460文字(全文2662文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです