メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プレスリリース

BGMS、CGMの正確性に関する科学的研究を米国糖尿病学界の第77回科学セッションで報告(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

BGMS、CGMの正確性に関する科学的研究を米国糖尿病学界の第77回科学セッションで報告

AsiaNet 68895 (0875)

【サンディエゴ2017年6月11日PR Newswire=共同通信JBN】米国糖尿病学会の第77回科学セッションで今週、血糖モニター・システム(BGMS)と継続的血糖モニター(CGM)システムの正確性と分析性能の評価に関する3つの研究のデータが報告された。研究者が開始した2つの研究のポスターはさまざまなBGMSの正確性についてのデータを報告し、Ascntia社が報告したもう1つのポスターはCGMシステムの分析性能を評価する新たな方法を説明している。米国糖尿病学会の第77回科学セッションは米カリフォルニア州サンディエゴで2017年6月9日から13日まで開かれている。

上記の研究者が開始した研究の主任研究者であるグイド・フレックマン博士(Institut fuer Diabetes-Technologie Forschungs-und Entwicklungsgesellschaft mbH)は2つのポスター研究(117-LBと915-P)を報告した。このうち1つはISO 15197:2013正確性基準(95%以上の検査結果が上下15mg/dlであるか、グルコース濃度100mg/dl以上あるいは100mg/dl以上でそれぞれ上下15%以内であるか、99%以上の検査結果が1型糖尿病の調査誤差グリッドのA、Bゾーンに収まること)を適用しているCONTOUR(R)NEXT ONEシステムを含む5つのBGMSの評価を行っている(注1)。もう1つのポスターは同じISO15197:2013正確性基準を使ったCONTOUR(R)PLUS ONEシステムを含む4つのBGMSの評価を報告している(注2)。この両研究で指定されたBGMSをそれまでに使ったことのない100人の糖尿病患者のデータが得られた。いずれの研究でも調査対象者は自身についての測定を行い、読み取った結果は参照方法と比較された。この両研究でCONTOUR(R)NEXT ONE、CONTOUR(R)PLUS ONEシステムは素人ユーザーが利用しても高度に正確であることが示された。

CONTOUR(R) NEXT ONE BGMSを含む研究で5台のBGMSのうち4台はISO 15197:2013のユーザー性能基準を満たしたが、正確性の範囲以内にある結果の割合には違いが見られた。素人ユーザーによるCONTOUR(R)NEXT ONE BGMSの結果は100%が受け入れたISO 15197:2013正確性基準内に収まった。研究のほかのシステムでは検査結果が正確性基準内に収まった割合はAccu-Chek(R)Aviva Connectが96%、FreeStyle(R)Freedom Liteが95%、GlucoMen(R)Areoが95%、OneTouch(R)Verioが93%だった。各システムが提供したどの結果も臨床的に受け入れられないとはみなされなかった。

CONTOUR(R)PLUS ONE BGMSを含む研究では4台のBGMSのうち3台がISO 15197:2013のユーザー性能基準を達成した。素人ユーザーによるCONTOUR(R)PLUS ONE BGMSの結果の100%がISO 15107:2013正確性基準内に収まり、99%はより厳しい基準の上下10mg/dl以内で、グルコース濃度100mg/dL以下、100mg以上でそれぞれ上下10%以内だった。ISO 15197:2013正確性基準の枠内に収まった検査結果の割合はAccu-Chek(R)Perform Connectが96%、FreeStyle(R)Optium Neoが98%、OneTouch(R)Select Plusが92%だった。すべてのシステムが提供したすべての結果が臨床的に受け入れ可能とされた。

フレックマン博士は「「血糖モニター・システムの正確性は糖尿病患者にとって非常に重要である。患者は受け取った結果を信用できなければならないし、それによって自分の病気の管理のために正しい決定ができなければならない。糖尿病患者と健康管理専門家の手で性能の比較を実現するために血糖モニター・システムは使いやすくてエラーに対する耐性を持つべきだ」と指摘している。

研究者が開始した研究への資金と論文執筆へのサポートはAscentia Diabetes Care Germany GmbHが提供した。

Pardo et al(注3)が報告した方法論研究について、このポスター研究はガンマ・ディストリビューション・モデルが容易にしたエラーの可能性の計算はMARDへの追加に使われ、CGMシステムの正確性と分析性能を評価するためのよりインフォーマティブなツールを提供することを示した。

CONTOUR(R)NEXT ONEシステムはCONTOUR(R)NEXTの試験紙が入手できる米国と欧州の諸国で入手できる。CONTOUR(R)PLUS ONEシステムはCONTOUR(R)PLUS試験紙が入手可能な選ばれた国で発売された。両システムはBluetooth(R)技術でAppleのApp Store(iOS)、Google Play(Android)でダウンロードできるCONTOUR(TM)DIABETESアプリに接続するように設計されている。

▽Ascensia Diabetes Careについて
Ascensia Diabetes Careは世界的な糖尿病治療専門企業であり、糖尿病患者を支援することに専念している。同社の使命は、生活を簡素化し改善する革新的ソリューションを通じて、糖尿病患者を力づけることである。同社は自社のイノベーションと糖尿病に関する専門知識を利用して、糖尿病患者に前向きの日々の違いをもたらす高品質のソリューションとツールを開発している。

世界的に知られている血糖値モニター・システムCONTOUR(TM)ポートフォリオを持つ同社製品は、先進的なテクノロジーと糖尿病患者の症状管理を支援するユーザーフレンドリーな機能を結合している。同社は継続的な研究、イノベーション、新しい製品とソリューションの開発にコミットしている。糖尿病コミュニティーの信頼されるパートナーとして、同社は健康管理専門家やその他パートナーと緊密に協力して、自社製品が確実に最高基準の精度、精密性、信頼性を満たし、確実に法を順守し誠実にビジネスを行うことを保証している。

Ascensia Diabetes Careは、Bayer Diabete Careのパナソニックヘルスケアホールディングスへの売却を通じて、2016年に設立された。Ascensia Diabetes Careの製品は125カ国以上で販売されている。同社従業員は約1700人、33カ国に事業拠点がある。

詳しい情報はAscensia Diabetes Careのウェブサイト(http://www.ascensia.com )を参照。

(c)Ascensia Diabetes Care. Ascensia およびContourは、Ascensia Diabetes Careの商標もしくは登録商標およびその両方である。Bluetoothのワードマークとロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、そのようなマークの使用はライセンスの下にある。全ての製品名および商標は、それぞれの所有者の資産である。

   (注1)Freckmann, G. et al. (2017, June) Performance evaluation of five blood
glucose monitoring systems in the hands of intended lay-users following ISO
15197:2013. Poster presented at the American Diabetes Association's 77th
Scientific Sessions San Diego, CA.

    (注2)Freckmann, G. et al. (2017, June) Performance evaluation of four blood
glucose monitoring systems in the hands of intended lay-users following ISO
15197:2013. Poster presented at the American Diabetes Association's 77th
Scientific Sessions San Diego, CA.

    (注3)Pardo S. et al. (2017, June) A New Method to Evaluate Analytic
Performance of CGM Devices. Poster presented at the American Diabetes
Association's 77th Scientific Sessions San Diego, CA.

▽問い合わせ先
Joseph Delahunty
VP, Global Head of Communications
Ascensia Diabetes Care
E-mail: joseph.delahunty@ascensia.com
Phone: +41-61-560-8760

ソース:Ascensia Diabetes Care



情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです