バレーボール

ワールドリーグ高崎大会 日本代表3連勝 通算4勝2敗 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高崎市の高崎アリーナで9~11日に開かれたバレーボール男子の国際大会、ワールドリーグの予選ラウンド第2週(高崎大会)は、2020年東京五輪に向けて始動した日本代表「龍神NIPPON」が3連勝し、通算成績を4勝2敗として終了した。3日間の観客は計1万8600人。最終試合後のインタビューで中垣内祐一監督は「非常にいいムードで試合ができた。応援ありがとうございました…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集