民泊

「集合住宅では認めず」 京都市長定例会見 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 京都市の門川大作市長は12日の定例記者会見で国の住宅宿泊事業法(民泊新法)に伴う市での規制に関連し、住居専用地域内のマンションなどの部屋での民泊は基本的に認めず、独自に条例で規制していく意向を表明した。「違法なものにはき然として対応する。集合住宅での民泊は認めない」などと語った。

 一方、天皇陛下の退位を実現する特例法成…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文363文字)

あわせて読みたい

ニュース特集