メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

観光功労者の歌手 神保和彦さん /和歌山

本格的な機材が並ぶ音楽スタジオで歌謡活動を語る振り返る神保和彦さん=和歌山市出口新端ノ丁で、山成孝治撮影

和歌山歌い55曲60年 神保和彦さん(89)=和歌山市

 地元・和歌山を拠点に、郷土を題材とした歌謡曲を数多く歌い、県観光連盟から今月5日、観光功労者表彰を受けた。自ら歌うばかりでなく、長年、テレビや地域の教室で歌唱指導に取り組み、一般の人たちにも歌う楽しさを伝え続けてきた。

 歌謡生活は60年を超える。県内各地の音頭や、社会人野球・住友金属(和歌山市)の応援歌など、地元に密着した歌を55曲歌ってきた。2009年には、このうち18曲を厳選し、記念のCDアルバム「神保和彦 歌の軌跡~和歌山を歌い続けて55曲~」を制作・発表した。

 「和歌山に生まれ育ち、和歌山の歌を歌い続けてきた」と地元への愛情は深い。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです