春日市長

反対討論「撤回を」 教育長人事で議長に要望 「意見封鎖」反発議員も /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 春日市の3月定例会で、教育長の4期目就任に同意を求める人事案件での反対討論に対し、井上澄和市長が議長宛てに議員の一部発言の撤回、修正などを求める要望書を提出した。閉会後の要請に法的根拠はなく、議員から「反対意見を封鎖しようとするもの」「議員の発言の自由が制限される」と反発があり、識者から「議会の自律権への不当な関与では」と疑問の声が出ている。

 人事案件では、コミュニティースクールを全国に先駆けて進めた山本直俊教育長(74)の4期目就任に同意を求めた。近藤幸恵(さちえ)議員が小学校長の覚醒剤事件の監督責任など4点を挙げ反対討論をした。賛成17、反対2で可決された。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文761文字)

あわせて読みたい

注目の特集