安保関連法

違憲 県内22人が地裁に賠償提訴 /鹿児島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は違憲だとして、県内在住の22人が12日、国に1人当たり10万円の損害賠償を求める訴訟を鹿児島地裁に起こした。弁護団によると、同種の訴訟は、鹿児島地裁以外に東京や福岡など18地裁で起こされている。

 訴状では、安保関連法は、戦争放棄などを定めた憲法9条に違反すると主張。また、集団的自衛…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集