メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

違憲 県内22人が地裁に賠償提訴 /鹿児島

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は違憲だとして、県内在住の22人が12日、国に1人当たり10万円の損害賠償を求める訴訟を鹿児島地裁に起こした。弁護団によると、同種の訴訟は、鹿児島地裁以外に東京や福岡など18地裁で起こされている。

 訴状では、安保関連法は、戦争放棄などを定めた憲法9条に違反すると主張。また、集団的自衛…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]