メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

違憲 県内22人が地裁に賠償提訴 /鹿児島

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は違憲だとして、県内在住の22人が12日、国に1人当たり10万円の損害賠償を求める訴訟を鹿児島地裁に起こした。弁護団によると、同種の訴訟は、鹿児島地裁以外に東京や福岡など18地裁で起こされている。

 訴状では、安保関連法は、戦争放棄などを定めた憲法9条に違反すると主張。また、集団的自衛…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです