ジャイアントパンダ

東京・上野動物園のシンシンが出産 5年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
生まれたばかりの赤ちゃんを口にくわえ世話をするジャイアントパンダの雌シンシン=東京都台東区の上野動物園で2017年6月12日(東京動物園協会提供)
生まれたばかりの赤ちゃんを口にくわえ世話をするジャイアントパンダの雌シンシン=東京都台東区の上野動物園で2017年6月12日(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)で飼育されているジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)が12日、赤ちゃん1頭を出産した。シンシンの出産は2012年7月以来5年ぶり。性別は不明で、母子ともに健康という。同園では24年ぶりの出産だった前回は、赤ちゃんが生後6日で肺炎のため死んでおり、同園は注意深く観察して…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

注目の特集