メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

LGBT差別解消法制定急げ=石川大我 東京都豊島区議・NPO法人「ピアフレンズ」元代表理事

 6月は同性カップルなどへの理解を深める活動が世界各地で行われる「LGBT月間」だ。これを機にLGBTなど性的少数者への差別を解消する運動を日本でも広げたい。

 私は2000年からLGBTの権利擁護活動に携わっているが、この数年、急速に社会の認知が広がったと感じる。

 ゴールデンウイークのイベント「東京レインボープライド2017」では過去最高の延べ10万人超がパレードなどに参加した。自治体単位の支援グループもできている。

 このような勢いが生まれた一つの要因は、15年に東京都渋谷区で成立した「同性パートナーシップ条例」だ…

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1228文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]