メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

欧州統合推進派に弾み マクロン新党躍進 独首相ら歓迎

 【ベルリン中西啓介、ブリュッセル八田浩輔】フランス国民議会総選挙の第1回投票で、マクロン仏大統領率いる中道新党「共和国前進」が過半数を獲得する可能性が強まった。欧州連合(EU)への懐疑や反発の雰囲気が各国で広がりつつある中での「親EU」を掲げるマクロン新党の躍進は、欧州統合推進派にとって弾みとなりそうだ。EUを主導するメルケル独首相らからは歓迎の声が上がった。

 独政府のザイベルト報道官は11日夜、「第1回投票での大きな成果について心からお祝いする」とするメル…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです