メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

関税協議は難航予想 交渉官会合、大枠合意視野

 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)交渉が山場を迎えている。焦点の関税や政府調達などを巡り、週内に予定する首席交渉官会合で大枠合意を視野に入れた大詰めの協議を行う。米トランプ政権が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を離脱するなど保護主義の機運が高まる中、日欧はEPAを推進し自由貿易の流れを維持する考えで一致。ただ、農産品など個別の協議は難航も予想される。【工藤昭久、片平知宏】

 日欧EPAが実現すれば、域内の国内総生産(GDP)が世界全体の約3割を占める巨大経済圏が誕生する。…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文891文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです