メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大田昌秀さん死去

沖縄戦、闘いの原点 「軍隊は民間人を守らない」

普天間飛行場の県内移設への反対を表明した大田昌秀・沖縄県知事=沖縄県庁で1998年2月6日、神崎真一撮影

 米軍基地問題の解決に取り組んだ元沖縄県知事の大田昌秀さん(92)が12日、「沖縄の思い」を訴え続けた激しい生涯に幕を閉じた。米軍基地の強制使用手続きを巡って異議を申し立てるなど、政府との対峙(たいじ)を恐れぬ政治姿勢の原点には、72年前の沖縄戦での壮絶な体験があった。【佐藤敬一】

 沖縄師範学校在学中に鉄血勤皇隊として沖縄戦に学徒動員された大田さんは戦場で、日本兵が銃を突きつけて住民を壕(ごう)から追い出す場面を何度も目撃し、自身も敗残兵からスパイ容疑をかけられて射殺される寸前までいった。「戦争で軍隊は絶対に民間人を守らない。これが沖縄戦の最大の教訓」。取材にはそう何度も強調した。

 非業の死を遂げた学友への鎮魂の思いは、「平和」を希求する政治信条となった。早稲田大を卒業後、米国に…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです