メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャイアントパンダ

シンシン出産 飼育員ら「感無量」 「予断許さぬ」とも 東京・上野動物園

 東京・上野動物園で12日、ジャイアントパンダの赤ちゃんが5年ぶりに誕生した。出産した雌のシンシン(11歳)を温かく見守ってきた飼育担当者らは「感無量」と喜ぶ一方、パンダの赤ちゃんは成長させるのが難しいため、「予断を許さない」と気を引き締めた。

 「一同、うれしいというか、ほっとした空気が流れた」。同園での記者会見。出産に立ち会った教育普及課の金子美香子課長(52)は笑顔で振り返った。シンシンは4年前にも妊娠の兆候が見られたが、実際には妊娠していない「偽妊娠」だった経緯がある。

 「ギャー、ギャー」と元気な産声が聞こえると、産室の周囲で出産を見守っていた飼育員らから「おっ」と喜びの声が上がった。約4年ぶりに雄のリーリー(11歳)との交尾が確認された2月27日から106日目だった。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです