メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民

保岡氏、9条改憲で「政府解釈1ミリも動かさず」

自民党の保岡興治憲法改正推進本部長=東京都千代田区の同党本部で、川田雅浩撮影

現在の政府解釈の枠内で党の改正案作りを進める考え示す

 自民党の保岡興治憲法改正推進本部長は12日、憲法9条に自衛隊を明記する憲法改正に関し「政府解釈を1ミリも動かさないで自衛隊を明確に位置付ける方向性で進めていく」と述べ、現在の政府解釈の枠内で党の改正案作りを進める考えを示した。党本部であった推進本部の会合で語った。

     自民党は年内に9条を含めた憲法改正案をとりまとめる方針。一方、公明党内には憲法改正によって自衛隊の活動拡大の余地が生まれることへの懸念がある。公明党の山口那津男代表は5月に安倍晋三首相と会談した際、集団的自衛権の行使を限定的に認めた安全保障関連法(2015年成立)の政府解釈が基本になるとの考えを示している。

     保岡氏の発言は、公明党への配慮を示したものとみられ、保岡氏は会合後、記者団に「公明党の(9条への)重要な認識もある。解釈を動かさない前提で自衛隊を合憲化して明記する」と明言した。【小田中大】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星
    3. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    4. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
    5. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]