メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上野パンダ

赤ちゃん誕生に飼育員ら「感無量」

 東京・上野動物園で12日、ジャイアントパンダの赤ちゃんが5年ぶりに誕生した。出産した雌のシンシン(11歳)を温かく見守ってきた飼育担当者らは「感無量」と喜ぶ一方、パンダの赤ちゃんは成長させるのが難しいため、「予断を許さない」と気を引き締めた。

 「一同、うれしいというか、ほっとした空気が流れた」。同園での記者会見。出産に立ち会った教育普及課の金子美香子課長(52)は笑顔で振り返った。シンシンは4年前にも妊娠の兆候が見られたが、実際には妊娠していない「偽妊娠」だった経緯がある。

 「ギャー、ギャー」と元気な産声が聞こえると、産室の周囲や別室のモニターで出産を見守っていた飼育員らから「おっ」と喜びの声が上がった。約4年ぶりに雄のリーリー(11歳)との交尾が確認された2月27日から106日目だった。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです