大田昌秀さん死去

平和願う心、最後まで 相次ぐ惜しむ声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「沖縄は偉大なリーダーを失った」。元沖縄県知事の大田昌秀さん(92)の訃報がかけ巡り、在りし日の大田さんを知る人たちから惜しむ声が相次いだ。

 大田県政時代に副知事を務めた東門(とうもん)美津子さん(74)は、病室で最期を見届けた。12日は大田さんの92歳の誕生日。家族や看護師らが歌うバースデーソングを聞き終えるとうっすらと目を開け、ひと呼吸置いて穏やかな表情で逝ったという。東門さんは「とにかく『沖縄を平和の島にしたい』という思いで頑張ってこられた。一…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集