メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

U18世界選手権への派遣中止 ケニア治安に懸念

 日本陸上競技連盟は12日、理事会を開き、7月12~16日にケニア・ナイロビで開かれるU18(18歳未満)世界選手権への日本代表選手団の派遣中止を決めた。治安情勢の懸念が理由で、既に米国や英国なども不参加を表明していた。

     また、横川会長ら執行部の留任を決めた。新理事として、女子マラソンで五輪2大会連続メダルの有森裕子氏や男子100メートル日本記録保持者の伊東浩司強化委員長らが発表された。【小林悠太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シリア空爆 ユニセフ空白の声明 「言葉がない」一文のみ
    2. 五輪カーリング 注文殺到!カー娘「おやつ」 北見の銘菓
    3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/3 罪の意識ない加害親
    4. 探偵物語 テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演
    5. 五輪フィギュア 舞依ちゃんがいたから…フリーに臨む坂本

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]