メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

U18世界選手権への派遣中止 ケニア治安に懸念

 日本陸上競技連盟は12日、理事会を開き、7月12~16日にケニア・ナイロビで開かれるU18(18歳未満)世界選手権への日本代表選手団の派遣中止を決めた。治安情勢の懸念が理由で、既に米国や英国なども不参加を表明していた。

     また、横川会長ら執行部の留任を決めた。新理事として、女子マラソンで五輪2大会連続メダルの有森裕子氏や男子100メートル日本記録保持者の伊東浩司強化委員長らが発表された。【小林悠太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
    2. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し
    3. 衆院選 全国で警告1458件 選挙違反
    4. プロ野球CS 22日、23日中止なら広島王手 
    5. 衆院選 首相「何にとは言えないが『負けない』」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]