メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

U18世界選手権への派遣中止 ケニア治安に懸念

 日本陸上競技連盟は12日、理事会を開き、7月12~16日にケニア・ナイロビで開かれるU18(18歳未満)世界選手権への日本代表選手団の派遣中止を決めた。治安情勢の懸念が理由で、既に米国や英国なども不参加を表明していた。

     また、横川会長ら執行部の留任を決めた。新理事として、女子マラソンで五輪2大会連続メダルの有森裕子氏や男子100メートル日本記録保持者の伊東浩司強化委員長らが発表された。【小林悠太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
    3. ORICON NEWS 元NHKの有働由美子氏が事務所所属を報告 マツコやくりぃむらの“仲間入り”
    4. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
    5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]