メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プール熱

流行 高熱でのど・結膜炎症 ドアノブ、タオル消毒を

 幼児に多い感染症で高熱を伴う「咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)」の流行が例年を上回る勢いで拡大している。5日間ほど続く38~40度の発熱と、のどの炎症と痛み、目が赤くなる結膜炎が重なることが特徴。流行は近年で最も大きかった2006年に次ぐ規模だ。

 咽頭結膜熱は年間通して存在するアデノウイルスが原因。例年6月に流行し始め、7~8月がピーク。11~12月にも流行がある。専用の治療薬はなく対症療法になるが、重症化することはまれだ。

 患者数は国立感染症研究所が全国約3000の小児科で定点観測しており、最近1週間(5月29日~6月4日)で2996人。1医療機関あたり0・95人で、例年のこの時期の0・2~0・8人を上回る。都道府県別では山梨(3・29人)、北海道(2・02人)、奈良(1・53人)、鹿児島(1・51人)、兵庫(1・40人)が多い。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スウェーデンも5Gでファーウェイを禁止 安保上の懸念を理由に

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです