メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 タグラグビーで盛り上げよう! 熊谷で啓発セレモニー /埼玉

「アルカス熊谷」の選手(左)の指導で、腰に付けたタグを取り合う練習をする児童たち=熊谷市中曽根の大里総合グラウンドで

 2019年にラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場となる熊谷市で12日、市内の小学生を対象に、タックルなどの接触プレーを禁止し、子どもにも親しみやすいタグラグビーの普及を通じてW杯の機運を盛り上げる啓発事業の「キックオフセレモニー」が行われた。

 熊谷市は昨年度から市内の全小学校29校で啓発事業を実…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  4. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口塞ぎ 妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです