メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オスプレイ

佐賀配備計画 自民県議団、容認決議案提出へ 「漁業者理解へ努力」条件に /佐賀

コノシロ漁の視察を終え、漁業者と話す土本大臣官房審議官(中央)

 陸上自衛隊が導入する新型輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画で、自民党県議団は13日、条件付きで受け入れを容認する決議案を6月定例県議会に提出する方針を発表した。配備に反対する漁業者らの意見を踏まえた上で、慎重に準備作業を進める。 同県議団は2日、県議会特別委員会で配備計画について「関係者の理解」など条件付きで容認する考えを明らかにした。同県議団の木原奉文会長によると決議案はこの考えに基づき提出する方針で、山口祥義知事に判断を促す狙いもある。

 木原会長は記者団に「国防という意味からもしっかりと受け止めていかなくてはならない。しかし、漁業者の…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです