熊本地震

南阿蘇、送電線本格復旧へ 23日から2回線に 九電 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
23日に本格復旧する黒川一の宮線の7号鉄塔(左)、右は仮の7号鉄塔
23日に本格復旧する黒川一の宮線の7号鉄塔(左)、右は仮の7号鉄塔

 九州電力は13日、熊本地震本震で被災した送電線・黒川一の宮線の7号鉄塔付近(南阿蘇村河陽)の電線張り替え工事を公開した。同線は仮復旧により1回線で送電しており、23日から2回線で送電して本格復旧する予定。

 本格復旧工事は昨年11月1日に着手し、立野地区では鉄塔7本を新設し、6本を撤去した。震源となった布田川断層や川沿いなどを避け、安全な場所に移設。難工事の7号鉄塔は同村立野から阿蘇大橋を挟んだ対岸の…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

あわせて読みたい

注目の特集