メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

高校教師という仕事/1(その2止) 喧噪の朝、気付けば夜

退勤が押されないタイムレコーダー。都教委は運用の改善を検討するという=丸山博撮影

 <document>

 

 始業前の職員室はさながら、海外ドラマ「ER 緊急救命室」のような慌ただしさだ。

 「先生、ちょっといいですか」。東京都立高の八木雄一郎先生(37)の背中に、2学年の担任仲間が声をかける。新聞を切り抜く手を止め、くるりと椅子を右回転。放課後の会議の相談だ。立ち代わりで別の先生が現れる。逆回転して二言三言。今度は生徒指導の報告だった。

 職員室の丸時計が、始業時間である「午前8時25分」を指すと、職員室の喧噪(けんそう)はぴたりとやみ…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1089文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです