メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

高校教師という仕事/1(その2止) 喧噪の朝、気付けば夜

退勤が押されないタイムレコーダー。都教委は運用の改善を検討するという=丸山博撮影

 <document>

 

 始業前の職員室はさながら、海外ドラマ「ER 緊急救命室」のような慌ただしさだ。

 「先生、ちょっといいですか」。東京都立高の八木雄一郎先生(37)の背中に、2学年の担任仲間が声をかける。新聞を切り抜く手を止め、くるりと椅子を右回転。放課後の会議の相談だ。立ち代わりで別の先生が現れる。逆回転して二言三言。今度は生徒指導の報告だった。

 職員室の丸時計が、始業時間である「午前8時25分」を指すと、職員室の喧噪(けんそう)はぴたりとやみ、朝の打ち合わせが始まった。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです