連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

何を言っているんだ=中村秀明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 混雑している朝の通勤電車に男の声が響いた。

 「お前らは何の役にも立たない」

 声の先には2人の少女がいた。1人は黒人で、もう1人はスカーフで髪を隠していた。イスラム教徒である。おびえる2人に大柄な男はひどい言葉を浴びせ続けた。

 「死んでしまえばいい」

 米オレゴン州ポートランドで先月末に起きた事件の発端だった。サンフランシスコの北約900キロ、人口60万人のポートランドは米国人が住みたい街の上位にあがる。

 路面電車や自転車を市民の足とし、「環境と人に優しい街」を掲げる。その魅力にひかれ、音楽や絵画、デザイン、食などさまざまな分野の人、多様な人種が移り住んで活気をもたらしている。日本の自治体や市民団体なども多く視察に訪れる。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文955文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集