メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

薄田克彦さん=ウエークボード世界選手権を招致した

薄田克彦さん=河村諒撮影

 ボートに引っ張られながら板で水上を滑るウエークボード。2018年夏に徳島県三好市の吉野川で開かれるアジア初の世界選手権を招致した。「とても言葉にならない」と喜びをかみしめる。

 水遊びや運動が好きな子供だった。高校3年の時に友人の運転する車で事故に遭い、左腕を動かせない障害を負った。不動産会社を経営し、経済的には成功したが、自由に職を選べなかったことへの屈折した思いは拭えなかった。28歳の時、友人の勧めでウエークボードに挑戦。水に入った瞬間、冷たく爽やかな感覚が体を包み、純粋な気持ちで人と接した少年時代を思い出した。「かたくなだった心が溶け…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです