メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業に関心を持つ若者の心をどうつかむか=農業ジャーナリスト・青山浩子

 いろり、GOBO、FaVoなど。いずれも農業に関心を持つ関東地方の大学生でつくる組織だ。農学系のみならず商学や法学、経済を学ぶ学生やOBも加わり、畑を借りて農業をしたり、農家の仕事を手伝ったりしている。これほど農業に関心のある若者がいるとは驚きだ。

 先日、各組織の主要メンバーによる座談会がおこなわれた。活動が活発化したのは東日本大震災以降。命や暮らしの根本である農業の価値を見直そうという機運が高まり、組織の誕生につながったという。経済や教育、医療などへの関心を持つようになった先に、「農業に行き着いた」という若者も多かった。

 彼らは職業として農業にあまり関心がなく、「暮らしの一部に農業をとりいれたい」「非日常的な農業に触れたい」と考えている。座談会の主催者で、農家や漁師の生の声をウェブサイトで紹介するメディア「日本食べるタイムス」の小野寺萌編集長は「7割は仕事、3割が農業という形態もありうる」と提案した。兼業農家とはもともと、専業から兼業化した農家を言うが、ゼロから兼業化する新たな兼業農家が誕生する可能性がある。こう…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです