母の日・父の日募金キャンペーン

亡き父が仕事の支えに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「親戚からは、顔も声も話し方も父にそっくりだと言われる」という田中翔さん=東京都千代田区で
「親戚からは、顔も声も話し方も父にそっくりだと言われる」という田中翔さん=東京都千代田区で

 親への感謝の気持ちを、困難な状況でも頑張る子どもたちへの支援に向ける毎日新聞の「母の日・父の日募金キャンペーン」。18日の父の日を前に、中学3年で父と死別した明治安田生命保険広報部の田中翔さん(29)=東京都新宿区=を紹介する。

 おとんが生きていたら、お酒でも飲みながら仕事の話をしているかもしれない--。そんな思いがふと頭をよぎることがある。大人になってから、親戚には顔も声も話し方も、父にそっくりだと言われるようになった。しつけには厳しかったが、普段はよく笑い、おもしろおかしく遊んでくれた。いつか自分の家庭を持ったら、おとんのような父親になるのが理想だ。

この記事は有料記事です。

残り1747文字(全文2028文字)

あわせて読みたい

ニュース特集