メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・豊洲市場

移転問題 小池氏「築地ブランド大切」 両市場活用案が有力

市場移転問題を巡り、都が検討している3案

 東京都の築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題を検証する「市場問題プロジェクトチーム(PT)」は13日、築地再整備案と豊洲移転案の課題を盛り込んだ報告書を小池百合子知事に提出した。都はPTの報告書を踏まえ、豊洲に市場機能を移しても築地を売却せず商業施設などに活用する案も検討中で、小池知事もこの案を軸に週内にも移転の可否を判断するとみられる。

 報告書は、膨大な維持管理費で赤字がかさむ豊洲移転案に比べ、豊洲市場を解体し築地を「食のテーマパーク」化する築地再整備案の優位性を強調した内容。小池知事は、PTの小島敏郎座長から報告書を受け取り、「築地のブランドは大切にしていきたい」と話し、築地ブランドの価値を強調した。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです