メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

原発事故に伴う避難指示が…

福島県川俣町が募集している8年後の自分や家族、友人に宛てた手紙の専用用紙。町役場では「未来ポスト」にも投函できる=福島県川俣町の川俣町役場で2017年6月13日午後5時1分、岸慶太撮影

 原発事故に伴う避難指示が3月末に全域で解除された福島県川俣町が、愛をテーマに8年後の自分や家族、友人に届ける手紙の募集を始めた。専用の用紙を配布し、町役場に設置した「未来ポスト」などに投函(とうかん)を呼び掛けている。

 8町村合併で現在の町になり2025年で70周年を迎えるのに合わせ、川俣の未来を…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 福岡市営地下鉄・赤坂駅で緊急停車 構内に煙立ちこめる 連休明け、通勤の足直撃

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです