メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院委

与党15日採決 「共謀罪」週内成立へ

参院法務委員会で自身の問責決議案が提出され、理事会の協議を待つ金田勝年法相=国会内で2017年6月13日午後3時31分、佐々木順一撮影

 「共謀罪」の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は週内に成立する見通しとなった。野党が13日、金田勝年法相に対する問責決議案を参院に提出し、参院法務委員会の審議が止まったことから、自民、公明両党は「審議は打ち切られた」と判断した。与党は14日の参院本会議で問責決議案を否決、改正案を15日に参院法務委員会で採決し、16日までに参院本会議で可決、成立させる方針だ。

 参院法務委は13日、改正案をめぐる参考人質疑と一般質疑を行った。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文689文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです