空自

新型輸送機C2 開発中にも同様のハンドル不具合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滑走路を外れて草地(手前)に突っ込み、移動された航空自衛隊のC2輸送機=鳥取県境港市の米子空港で2017年6月9日、本社ヘリから幾島健太郎撮影
滑走路を外れて草地(手前)に突っ込み、移動された航空自衛隊のC2輸送機=鳥取県境港市の米子空港で2017年6月9日、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 鳥取県境港市の米子空港で航空自衛隊美保基地(同市)の新型輸送機C2が草地に突っ込んだ9日のトラブルで、同機種が開発段階の2012年にステアリング(ハンドル)が利かなくなる不具合を起こしていたことが、航空幕僚監部への取材で分かった。今回のトラブルでも同様の不具合が起きており、空自は関連を調べている。

 米子空港でのトラブルは、離陸前の手順を…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集