特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

32チーム出そろう 7月14日開幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第88回都市対抗野球大会(7月14日から12日間、東京ドーム)に出場する32チームが13日、出そろった。東北は山形市・きらやか銀行が2年連続2回目の代表。北海道は今季からクラブ化した札幌市・JR北海道クが3年連続14回目の出場を決めた。組み合わせ抽選は16日に行われる。

 初出場は4年ぶりのゼロで、連続出場は前回比2増の22チームに上った。最長は大阪市・日本生命の15年連続で、出場回数も歴代最多を更新する59回目。川崎市・東芝は連続出場を9年に伸ばした。

 豊田市・トヨタ自動車は2012、13年の横浜市・JX-ENEOS以来、史上6チーム目(7回目)の大会連覇を狙う。このほか優勝経験があるのは10チームで、東芝は歴代2位の7回、日本生命は4回、狭山市・ホンダは2回と複数回を数える。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文598文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい