メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
らっこ・ライブ・レビュー

RADWIMPS 痛みと迷いから花開く

撮影:八尾武志

 「ずっと苦しみの中で音楽を作っていて。10年前に僕らのライブを見た人は、この姿にビックリするかもしれない」--。

 本編の最後、映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」を歌う前にボーカルの野田洋次郎がそう言わなかったら10年前にこの欄に書いた記事を読み直そうとは思わなかっただろう。

 メジャーデビュー2年目の2007年3月27日、Zepp Tokyo。初の大規模ツアーの東京公演について。そこには“繊細で優しい。想(おも)いがそのままあふれるような不定型なみずみずしさに圧倒された”と書いていた。あれから10年。この日は初の全会場アリーナツアー21本のセミファイナル。初武道館だった。

 彼らは去年、オリジナルアルバム「人間開花」と映画のサウンドトラックの2枚をアルバムチャート1位に送…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文825文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです