メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇場のピクニック

一人芝居で描く伝説の芸人たち

 「芸人」の中には、亡くなった後にも、その芸と人生を長く語り伝えられる人々がいる。24、25日、大阪・ウイングフィールドで、伝説的な芸人たちの姿を独自の解釈を込め、「贋作(がんさく)」の名を冠して描く一人芝居シリーズ「独り芝居 芸人列伝祭り」が催される。

 上演する団体は「だらく舘(かん)」。映画監督で、舞台の脚本・演出も手掛ける秋山豊が作った東京のユニットで、秋山作・演出の芸人列伝シリーズを2010年から上演している。関西への来演は初めて。

 モデルになるのは、そろばんをかき鳴らす芸で知られたトニー谷▽昭和初期から戦中に変幻自在の話術で人気…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文787文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
  4. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
  5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]