メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台・石炭火力発電所

試運転に市民抗議 /宮城

 関西電力子会社などが出資して仙台塩釜港で10月の運転開始を予定している石炭火力発電所「仙台パワーステーション」(仙台市宮城野区、出力11・2万キロワット)が12日夜に試運転を開始した。これを受け、同発電所建設に反対する市民団体は13日、「多くの住民の反対を無視して試運転に踏み切った」などとする抗議声明を発表した。

 市民団体は「仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会」。同会は、石炭火力発電所は大量の大気汚染物質を排出し、住民の健康被害、生態系への影響、温暖化促進が危惧されるなどと訴えてきた。5月下旬までに2万2813人分の反対署名を集め、村井嘉浩知事あてに提出した。

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです