かながわ経済

ハマカンゾウ900株返還 DNP、東芝保全活動 三浦・小網代の森 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 工場の敷地を利用して、三浦半島の小網代の森(三浦市)で盗掘被害などに遭っていたユリ科の希少種ハマカンゾウの「生息域外保全」を進めている大日本印刷(DNP、東京都新宿区)と東芝(東京都港区)は、約900株を本来の生息地に植え付けた。

 「生息域外保全」は、本来の生息地で存続できない生物を生息地外で人工増殖する措置。工場内は第三者の侵入が制限され、盗掘被害やアライグマなど外来種の侵入防止も期待されている。今回は新たな保全手法も取り入れ、DNPテクノパ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

ニュース特集