メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞鶴市展

始まる 書や写真など5分野327点 赤れんがパークで18日まで /京都

書の作品に見入る市展の来場者=京都府舞鶴市の舞鶴赤れんがパークで、鈴木健太郎撮影

 第49回舞鶴市展(舞鶴市主催、市文化事業団共催)が14日、舞鶴市北吸の舞鶴赤れんがパークを会場に始まった。市内外のほか、大阪、兵庫などから寄せられた洋画、日本画、書、写真、工芸美術の5分野の作品計327点が並んでいる。18日まで。入場無料。【鈴木健太郎】

 今年の市展には5分野計300点の応募があり、うち22歳以下(U-22)は57点。審査の結果入賞・入選作282点が決まり、これらに審査員、委嘱・招待作家の作品を加えた。今回は会場を赤れんがパーク1カ所…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです