メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共謀罪

「中間報告」で国会紛糾 「究極の強行採決」 識者の話

疑問点解消されず 政治アナリストの伊藤惇夫さんの話

 委員会採決を省略する与党の強引なやり方に驚いた。「数の力で押し切れる」というおごりに加え、国会の会期を延長すれば、加計学園の問題で政権が追い詰められるという危機感が背景にあるのではないか。マスコミ各社の世論調査でも、法案への国民の理解は進んでいない。複雑で重要な法案にもかかわらず、政府は質問にまともに答えず、審議で示された疑問点は何も解消されなかった。特定秘密保護法や安全保障関連法の審議では一定程度、議論が深まった。それ…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. マレーシア、プラごみ日米仏など13カ国に送り返す 不法輸入の3737トン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです