メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

加計問題で問われる公文書管理=大場弘行(東京社会部)

「総理のご意向」と書かれた文書。前川喜平・前文科事務次官が「レク資料」と説明した

揺らぐ民主主義の根幹

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡る問題では、公文書に対する政府の姿勢も問われている。「総理のご意向」と記された核心の文書には担当課名や日付がなく、菅義偉官房長官は出所不明の「怪文書」と言い切った。しかし、中央官庁では政治家が関係する案件を記録したこの種の文書が日常的に作られ、表に出ないように巧妙に隠されていると、複数の官僚が証言する。公文書の適切な保存と公開は、国民が権力の乱用を監視するために不可欠で、民主主義の根幹だ。それが今、揺らいでいるように思えてならない。

 ことの発端は、文部科学省の職員が作成したとされる8枚の文書が明るみに出たことだった。国家戦略特区の…

この記事は有料記事です。

残り1684文字(全文2005文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです