メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

露介入疑惑 解明、先送り 司法長官、詳細語らず 議会証言

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営の癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、セッションズ司法長官が13日、議会で証言した。ロシア政府関係者との不適切な接触を持ったとの疑惑を否定。「攻撃や中傷、リークに私は屈しない」と対抗心をあらわにした。一方で、コミー前連邦捜査局(FBI)長官解任の経緯や、疑惑を巡るトランプ大統領とのやりとりについては多くを語らなかった。

 「コミー氏が問題だと指摘したあなたの行動は何だったのか」「私が教えてほしい。そんなものはない」。上院情報特別委員会が開いた公聴会では、野党・民主党側の質問にセッションズ氏が声を荒らげる場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです