東芝

半導体売却、構図複雑に 経産省が「日米韓連合」検討 鴻海・郭会長インタビュー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎日新聞のインタビューに答える鴻海精密工業の郭台銘会長=台北市の自宅で14日
毎日新聞のインタビューに答える鴻海精密工業の郭台銘会長=台北市の自宅で14日

経産省主導、不公平だ

 【台北・土屋渓】東芝の半導体メモリー事業の買収に名乗りを上げている台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長が14日、台北市内で毎日新聞のインタビューに応じた。郭会長は「(売却先選定を)実質的に経済産業省が主導しており、不公平だ」と述べ、選定過程で経産省の介入があったと強く批判した。中国への技術流出懸念については「先端技術は日本で開発を続ける。外に漏らすはずがない」と反論した。

 --鴻海の買収には、中国への技術流出懸念が指摘されています。

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文996文字)

あわせて読みたい

注目の特集