メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

タラネ・アリドゥスティさん=主演作「セールスマン」公開に合わせ来日した

タラネ・アリドゥスティさん

 「一番うれしかったのは世界の人々が一緒に声を上げてくれたこと」。2月の米アカデミー賞授賞式の際、トランプ政権が母国イランなど7カ国からの入国禁止措置を取ったことに抗議し、出席のボイコットをツイッターで表明し話題になった。授賞式では米国の俳優たちが排斥主義に異を唱え、主演作のイラン映画「セールスマン」は外国語映画賞を受賞した。

 映画は首都テヘランに住む劇団員の夫婦の物語。舞台「セールスマンの死」で、2人が主人公の夫婦を演じた公演初日の夜、妻は浴室で暴行される。大きなショックを受ける妻だが、警察に届けることも、劇団の仲間に打ち明けることも拒む。「暴行される要因が自分にあったのではないかと思われることを恐れて声を出せない。それは全世界の女性たちに共通する苦しみだと思う」

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです